刺繍素材 #4の続き

今日はちょこっとだけ、昨日のブログで触れた話の補足です。


透明なビーズの場合、ビーズの中に通す糸(刺繍する糸)の選び方でだいぶ印象が変わります。ちょうどその例になるものがあったのでUPしようと思います。





こちらはシャーロットビーズとシュニーユ(モール糸)を組合せ刺繍したピアス。

白のフワフワがモール糸。ビーズはシャーロットですので1片欠けて煌めきがます様に出来た無色透明のビーズです。

このピアスはシャーロットビーズの煌めきとその粒々感を表現したかったので、敢えてダークグリーンの糸で刺繍しています。


見比べの画像が無いのですが、粒々感は伝わりますでしょうか?

因みにこの糸を選ぶまでにブルーや黒も試したのですが、このデザインにはダークグリーンが一番ピッタリでした。^^

ぐるりと縁取りの刺繍はアンティークビーズです。キラキラのシルバーでなく、燻し銀が大人っぽく上品かなと思ってます。

このピアスの詳細はこちらです → CLEAR & WHITE ピアス





今日もお付き合い下さり、ありがとうございました。

それでは、また次回に。



オートクチュール刺繍・リュネビル刺繍の素材専門店はこちらです。

→ col&couture https://www.creema.jp/c/colandcouture

是非ご覧ください。



Copyright  ©  2017 col&. All Rights Reserved.